F.S.L.


音楽は言葉、リズムは言葉。それはジャズボーカリストの矜持。
平和な未来を願い、歌い上げたスタンダード集。


Somewhere Somewhere

 サムホエア
 Somewhere / 丸山繁雄酔狂座


1970年台から50年近いキャリアをもち“アフリカン・アメリカン音楽の言語同化現象の研究”で、芸術学の博士号も得ているボーカリスト、丸山繁雄。敬愛するJon Hendricksと2013年に国内ツアーを敢行した際にはステージ上でJonから「Shigeo!! He’s The One!(彼こそ本物!)」との賛辞も送られている。
ボーカリストの醍醐味は歌詞を届けること。聴く人にきちんと歌詞を届けることを使命のひとつと考え、30年ぶりのスタジオ録音で歌い上げたのは「Somewhere」をはじめとした平和な未来を願うスタンダード曲集。信頼する酔狂座メンバーと共に紡いだ自身の集大成ともなる作品。

 Shigeo Maruyama 丸山 繁雄 (Vocal)
 Mabumi Yamaguchi 山口 真文 (Tenor & Soprano Sax.)
 Masayoshi Yoneda 米田 正義 (Piano & Fender Phodes)
 Ryouhei Komaki 小牧 良平 (Bass)
 Nobuyuki Komatsu 小松 伸之 (Drums)

 01. A Lot Of Livin’ To Do (Charles Strouse, Lee Adams)
 02. Strangers In The Night (Bert Kaempfert, Charles Singleton, Eddy Snyder)
 03. How Long Has This Been Going On? (George & Ira Gershwin)
 04. Cool (Leonard Bernstein, Stephen Sondheim)
 05. Somewhere (Leonard Bernstein, Stephen Sondheim)
 06. What's Goinng On (Marvin Gaye, Al Cleveland, Renaldo Benson)
 07. Violets For Your Furs (Matt Dennis, Tom Adair)
 08. L-O-V-E (Bert Kaempfert, Milt Gabler)
 09. Monalisa (Ray Evans, Jay Livingston)
 10. Polkadots And Moonbeams (Jimmy Van Heusen, Johnny Burke)

 sound produce : 丸山 繁雄
 exective produce : 古賀 貴文
 arrange : 丸山 繁雄(#01,02) & 米田 正義(#03-10)
 recording & mixing engineer : 松下 真也(Studio Dede)
 mastering engineer : 吉川 昭仁(Studio Dede)

F.S.L.  FSCJ-0015  \3,000(tax excluded)  2020/1/29 on sale

bowz online shopdisk unionamazonTOWER RECORDSHMV & BOOKShontoRakutenブックス

--------

Media information

jazz Life 2020 MARCH
 52頁 JAZZ LIFE Disc Review
 「年末に体調を崩したと聞いていたが ...(続きは本誌でお楽しみください)

JJazz.Net Jazz Clock - for the NIGHT#100
 2020年2月26日(17:00)〜2020年3月25日(17:00まで)
JJazz.Net  移ろう日々の中に、人それぞれの生活があり、リズムがある・・・
 自分を取り戻す時間。夜に映えるジャズセレクション。
 今回は「Midnight Junction」をテーマに、
 ループ感のあるジャジーでローファイなサウンドを中心に選曲しました。


The Walker's 2020 Vol.60
 14頁 Jazz New Disc
 「ヴォーカリスト丸山繁雄のスタンダード作品集」 タモリさんもOBの“早稲田大学モダンジャズ研究会”初の ...(続きは本誌でお楽しみください)

--------

【丸山 繁雄 プロフィール】
1951年 新潟県高田市(現上越市)生まれ。
早稲田大学モダンジャズ研究会にてボーカルインプロビゼーションを始める。
驚異的な歌唱力に加え、作・編曲にも優れ、ドラム+ボーカルのデュオから、21人編成のビッグ・バンドまで広範な楽域にわたるリーダーバンド活動を続ける。

1981年ファーストアルバム『A Young Father’s Song』発表以来、内外の名プレイヤーと共演。
以降、日本人ボーカリストとしては初となるVerveレーベルから「The Vintage Songbook」リリースなど、8作のリーダー・アルバムと共に、ジャズの歴史書『ジャズ・マンとその時代』(弘文堂)など多くの著作を残す。
また、1987年より日本大学芸術学部音楽学科講師に就任。研究、教育活動にも携わり、2011年には『アフリカン・アメリカン音楽の言語同化現象』にて博士号(芸術学)授与。
全国で開催される丸山繁雄ボーカル・スクールも30年を越え、後進の指導に積極的に取り組んでいる。

https://shigeo-maruyama.com/






Copyright © 2007 F.S.L.
All rights reserved.